スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王禄のネタバレとか

 26, 2017 22:15
どうも、樹土風です。
例大祭が終わってから約3週間ですね。

時の流れはあっという間です。

さてさて、今回は「東方天王禄 有」と「東方天王禄 天─祈祷編─」と頒布してきた中で、今語れるだけのネタバレというか、こんな感じの事考えてたよってのをつらつら書いていきます。
読んでない人は是非一度読んでからどうぞ。

さて、まずはツイッターやらではほのめかしてましたが、「有」の事。
これは、時系列的にはこのシリーズのド真ん中に位置します。

マジか。

ようするに回想です。
まあそれとなくわかるようには描いたつもりですが、一応。

なので、時系列的にはド真ん中にあたるわけです。
回想自体の時系列は3番目に古いお話になってます。

ところで、「有」のサブタイトルは覚えていますか?
覚えていないでしょう。特に推しても無かったですしね。

裏表紙の謎ポエムです。
コイツがサブタイトルです。

そんな「有」のサブタイトルは

これは、「天」に至る物語─…。

でした。
このサブタイトルには、特に何重にも意味を持たせているのですが、
最もわかりやすいのが、「有」本編そのもの。
地子が天子になる物語。故に、天に至る物語でした。

そしてもう一つが、今回の例大祭で頒布した「天」。
「有」の次は「天」が出るよって事だったんですね。わかるわけがないですね。
そんな感じでダブルミーニングも無事に果たしたこのサブタイトルですが、もう一つ意味を持っています。
そこに辿り着くのを楽しみに待っていてもらえればと思います。

さて、お次は「天」のお話。
コッチについてはあんまり話せることが多くないですが・・・。

魔理沙はどうなったのか。気になるところかと思います。

結論、死にましたね。復活とかもないです。
安心してお通夜にご参列ください。

しかしこう、同人で死にネタを扱うのはやっぱり気が引けますね・・・。つらい・・・。

あとは今回出てきた謎の「敵」。
アレの正体についてはまだ伏せておきますが、デザインに関しては「ラフムですか?」とか色々と声をいただきました。
ラフムでわないです。
人形の奇妙なモノをコンセプトに、ファフナーのフェストゥムとか、それこそFGOのラフムとか、ハガレンのホムンクルスとか、その辺をごった混ぜにしたようなイメージでデザインしました。なるべく不快感を与えたかったのですが、イマイチでしたかね。実力不足を感じます。

とまあ、語るつもりであまり語れませんでしたね・・・。

さて、そんな天王禄ですが、次に頒布する予定のものが「頂」になります。
これは時系列的には一番古いものの1つで、天子の父親の物語になります。
「有」に繋がり、そして「天」にも繋がるお話です。

これから頒布していく物語は、全てが少しずつ繋がっていきます。
全ての物語が少しずつ少しずつ作用しあって一つの作品になっていく。

これがこのシリーズのコンセプトであり、シリーズものだけれど数字で管理しない理由です。
頒布順も、時系列順も、文字列順も、どんな読み方をしても、どこから読み始めても良いように構成していますので、長くお付き合いいただければと思います。

感想もお待ちしております。

それではまた・v・ノシ
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。